お顔の印象を大きく左右する重要なパーツ「眉」。

 

しかし「上手く描けない・・・」「なんだか野暮ったい・・・」
と悩んでいる方は少なくありません。

 

それでは、眉が美しい人と上手く描けない人の違いは何なのでしょう。

 

今回はその原因の一つ、眉を描く時の「道具」についてご紹介いたします。

 

眉には細く繊細に描く部分と、ふんわりとぼかす部分があります。

 

まず細く描きたい部分は、眉尻。

眉尻はすっきりと細く描くことによって洗練された女性らしさを表現することができます。

 

そんな眉尻はペンシルを使いましょう。

 

ペンシルでは、眉尻以外にも眉下や眉上のアウトラインも描きます。

 

そしてそのアウトラインの中を、パウダータイプで埋めるように描きます。

薄い色と濃い色を微調整しながら使い、毛の色を統一させます。

 

ペンシルだけで仕上げると濃い眉毛になったり、パウダーだけで仕上げるとボサボサな眉毛に仕上がってしまします。

 

少し面倒ですが、部分に合ったもので丁寧に仕上げることが大切。

 

最後に、眉メイクの色は髪の色より少しだけ明るい色を選びましょう。

 

眉美人は印象美人。

 

今すぐ印象を変えたい方は、まずは眉メイクから取り組んでみてくださいね。