COLUMN

韓国料理のテーブルマナー

今、「第四次韓流ブーム」の日本には、韓国料理を身近に楽しめるお店が増えましたね。

韓国とは食文化においても、「箸を使う」といった共通点がありますが、異なるところも多くあります。

例えば、日本ではお茶碗は手に持って食べますが、韓国ではそれはマナー違反となります。

韓国の食事マナーも身に付けた上でお店を訪れると、より一層理解が深まり楽しめると思いますので、ぜひご活用ください。

韓国の食事作法

韓国の茶碗や器類は、銀や真鍮(最近はステンレスが多い)などで作られているため、熱が伝わりやすく重いので手に持つことが難しいです。よって、食器類はテーブルに置いたままいただきます。そのため、箸やスプーンは日本のものよりも長くできています。またなぜ金属製なのかというと、昔、王様の食事の毒確認をするために、毒に反応する銀を用いられたことからとされています。

日本との食事作法の違い

似ているようで違う日本と韓国の食事作法の違い、あなたはいくつご存じですか?

・ご飯茶碗や主菜・副菜などのすべての器はテーブルに置いたまま食べる。

・ご飯はスプーンで食べる。箸を使用するのは、主菜、副菜などのおかず類を食べるときのみ。

・箸とスプーンはテーブルに縦にして置く。

・ピビンパのように、野菜や肉とご飯を器の中で混ぜ合わせてから口に運ぶ。またスープの中にご飯を入れてスプーンでいただく。

いかがですか?日本だと小さな器はついつい手に持って食べますよね。ご飯もカレーライスやオムライス、ピラフなどですとスプーンでいただきますが、「お茶碗に入った白米をスプーンで食べる」は、私は慣れるまでに時間がかかりそうです。

お箸の置き方は、中国料理も韓国と同様に「縦」に置きます。日本だけが「横」なんですね。これには深い理由がりますので、また改めて書きたいと思います。

韓国と日本の違いを述べましたが、共通点もあります。それは、

・ご飯は左側、汁物は右側に置く。

ということ。似ているところがあると親近感を感じられて嬉しいですね。他にも

・年長者や目上の人が食べ始めてから料理をいただく。食べるスピードも合わせる。

・年長者や目上の人は入り口から遠い部屋の奥の上座に座る。

・乾杯の時は相手よりグラスを低く掲げる。

なども共通点としてあります。

日本にいながら様々な国の料理を楽しめる事はとても良いことですが、マナー美人として、それぞれの国の食事法を知り、お店の方に失礼のないいただき方をしたいものですね。

関連記事

PAGE TOP