COLUMN

二十四節気「啓蟄」

2021年3月5日は二十四節気 3番目の節気「啓蟄(けいちつ)」。

「啓」はひらく、「蟄」は土の中で冬ごもりをしている虫のこと。寒さが緩んで春の陽気になってきたことで、土の中から虫たちが動き出す季節のことを指します。

ここでの虫は昆虫だけではなく、冬眠から目覚めたハ虫類や動物なども含まれます。

日差しの暖かさを感じ、虫たちだけでなく私たち人間の動きも活発になり、なんだかワクワク楽しい気持ちになりますね。

早くコロナが収束し、春のお出かけを存分に楽しめる日が訪れることを願います。

関連記事

PAGE TOP