COLUMN

会話が弾む名刺交換法

企業では3・4月は人事異動も多く、担当者変更のご挨拶周りか多い時期。

その時に欠かせないのが、「名刺交換」です。ビジネスのファーストコンタクトでもある「名刺交換」は新入社員研修のカリキュラムにも必ず入れています。

さて皆さんは「名刺交換」では何を一番大切になさっていますか?

名刺交換シーンを見ていて思うのですが、ほとんどの方が渡す手順ばかりを気にされています。本屋さんに並ぶマナー本の中の「名刺交換」にも、そのことをメインに書いてありますし、スムーズに受け渡しができることはお互いにとっても良いことです。

しかし「目線が常に名刺」ということが気になります。

名刺交換は相手と良い人間関係を築く通過点。目線が常に名刺では良い関係は築けるでしょうか。やはりお互いに目を見て笑顔を交わしながらコミュニケーションを取るほうが良いですよね。

名刺は受け取ったらすぐに「ありがとうございます。○○様ですね、…」と相手に笑顔を向けて会話を弾ませ、名刺には時々目線を落とす程度で。

もちろん、お名前の読み方の確認や部署・役職などに触れる必要もありますが、目線の割合を「名刺>お相手」から「名刺<お相手」に変えてみてください。

ほんの少しのことですが、きっとこちらの方が第一印象も良くその後の会話もスムーズになります。ぜひ次回の名刺交換からお試しください。

関連記事

PAGE TOP